PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大地震から1ヵ月。

あの大震災から1ヵ月。

3月31日に埼玉へ戻って、早くみなさまへご報告をしなければ。。と思いつつ
なんだか無気力になってしまってブログへ向かえませんでした。

このたびは、みなさまの暖かい言葉、メール、コメントに本当に救われました。
人の暖かさをこんなに感じたことはありません。
私のつたない言葉では言い表せませんが、心から感謝を申し上げます。
本当に、本当にありがとうございました。
このご恩に報いるには、ブログを更新しいつもの明るいボコペコ日記を綴りつづけることで
お返ししたいと思います。









震災の経験を忘れないためにもここに記しておこうと思います。


3月11日14:46、私達とボコペコは車で泉ビレジへ向かっていました。
勾配のきつい坂道へ差し掛かったところ、この道こんなに悪かったかな?と思っていたら
目の前の電線が大きく揺れ、車がガタガタと今まで体験したことがないくらい揺れはじめました。
「とうとう宮城県沖地震が来たんだ!よりによって仙台に戻ったその日に合うなんて。。」
揺れは収まるかなと思うとさらに大きく揺れるのを繰り返し、もうダメなのかも。。
ちょっとパニック気味の私に反して、冷静なミニ助。
やっと揺れが収まり、一旦実家に帰った方がいいと判断し、中山への道へ曲がりました。
大きく隆起した道路、ガラスが割れて落ちた店、止まった信号、倒れたブロック塀。。
これは大変なことが起きた。。と恐ろしくなりました。
そして、長い被災の日々を送ることになったのです。



カメラを持っていましたが、とても撮る気になれず
iphoneで少しだけ撮っていたものを載せておきます。



買出し

震災後、飲み水と食料を調達するため4時間並んでいた時の写真です。
○で囲んだところ、見づらいですがここから22㎞ほど離れた場所にある
仙台港のコンビナート火災の煙です。
ここで買えたものは、1人につき500ペットの水5本、お菓子2個、りんご2個、缶詰1個。
ボコペコのドックフードがなかったので、お店の人に頼んで持ってきてもらいました。
13歳以上シニアフード。。文句はいえません。




雪



暖かい日があれば、こんな雪が降ることもある3月の仙台。
津波で救助もままならないのに、何もこんな時に降るなんて。。と恨めしく思ったのでした。
次の日、この雪をスプーンですくって確保。
ボコペコの飲み水ぐらいにはなりました。





久々のお肉♪

仙台の中心部なら何か服や下着が買えるかも、と思い出かけてきました。
やっているのは飲食店が出すワンコイン弁当がほとんど。
服などは買えなかったけど、焼肉の中村屋の肉が買えた。
久々のにくー。




ボコペコ

埼玉にいるよりも長くなってしまったミニ助実家滞在。
ボコペコもなんだかくつろいできた模様。
自宅ではないので、いろいろと制限付きの生活でゴメンね。。




ガソリンスタンド


もうすぐ埼玉へ戻る日が近づいてきたので、
せっかくなのでポー家と私の実家へお泊りするため、ガソリンスタンドへ並ぶ。
店員さんにこんなものを渡された。
給油できたのは3時間後。
ポー家お泊りの様子はコチラから




私の実家は若林区です。
幸い津波の被害は免れましたが、瓦屋根なのでだいぶ落ちてしまったのと、
お風呂の壁のタイルにいくつものひび割れが入ったのと、
食器類や飾りものがたくさん割れてしまいました。
親戚が近くに住んでいますが、なにせ年寄り夫婦2人なので心配でしたが、
元気にやっている姿を見て安心しました。

津波による甚大な被害があった荒浜は、実家から9㎞ほど。
宮城県民として、目にしておかなければならないのでは。。と思い
家族で見に行きました。




津波跡1

津波跡2

津波跡3

津波跡4


テレビやネットでたくさん目にしてきましたが、自分の目で見たとき言葉になりませんでした。
車が停めやすい場所で撮ったので、全体が良く分からないかもしれませんが、
この写真よりももっともっともっと悲惨な場所が広範囲に続いているのです。
見ておかなければならないと思って行きましたが、見て良かったのかどうかわかりません。
津波から免れて近く住んでいる方たちがいます。
毎日この光景をみて過ごしているのでしょうか。。想像できないほどつらいことだと思います。
1日も早く復興できるよう祈っています。






埼玉に戻ってきて、歩き散歩ばかりでストレス気味のボコペコを
秋が瀬と反対側の公園へ連れて行きました。
久々にディスクをたくさん投げてやって、満足なボコペコを見て
幸せだ!という気持ちと
頑張ろう!という気持ちがわいてきました。

ディスク



この記事を書いている間に、福島県沖で震度5弱の強い地震が起きました。
いつ終わるのか分からない余震との日々で、気持ちも沈みがちですが、
そんな気分を少しでもやわらげるよう、私もがんばります。
震災地のみなさまのことを思わない日はありません。
心はいつも一緒です。



| 未分類 | 16:09 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

震災5日目。

電気は地震発生から3日目の午後に復旧しました。
水道、ガスはまだです。

ボコペコ家は、ミニ助の実家に滞在中なのですが、
反対に義両親は東京に行っていたのです。
スカイツリーなど観光していて地震にあい、タクシーで4時間乗ってなんとか
親戚のうちまで着いたようです。

私の両親は仙台市若林区です。
電話が通じず、入ってくる悲惨な津波の状況にいてもたってもいられず
車で家まで見に行きました。
幸い両親は無事で、家は瓦がかなり落ち、風呂場のタイルには大きなクラックが何個も
入っている状態でした。
今でも夜は避難所で過ごしています。
でも、電話が通じるようになって声が聞けるだけでも安心しております。

スーパーの買い出しにも二度行きました。
最初は4時間待ちで、買えたものは一人につき水500ℓ5本、
あとはお菓子やりんごを5点のみ買えました。

ガソリンスタンドはどこも長蛇の列で、みんなエンジンを切って何時間も待っている状態です。
最初、山形を抜けて関越で埼玉に戻ろうかと思っていましたが、
山形でもガソリンは品薄状態、あろうことか関東でも品切れしていると聞き、
やはりまだ仙台にいることにしました。
ミニ助も今日から仙台の会社に出社することになりましたし。。

ただ、一泊二日のつもりで仙台に来てしまったので、
着替えもなく、衣料も購入できず、日々クサクサ状態です。
ボコペコのご飯は、スーパーで店員さんに頼んで、奥から出してもらいました(13歳以上シニアだった
自分たちのご飯は、カップラーメンが少しとせんべい類、チョコレートでしのいでいます。
飲み物は自販機が復活したのと、ミニ助の会社では水道が復旧しているそうなので
大丈夫です。
トイレの水は近くの中学校のプールから調達。
ボコペコ家はまだまだ恵まれている方です。。

まだまだ長期戦になりそうだけど、みんながんばろう!



| 未分類 | 11:10 | comments:22 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東北太平洋沖地震。

今、仙台にいます。

仙台の家の売買契約の為、11日にミニ助とボコペコと一緒に
車で仙台入りして、震災にあってしまいました。

ボコペコ家は無事です。
今電気が復旧したので、ネットに繋がることができます。
ですが、ガスと水道はまだ復旧しておりません。

携帯もやっと充電できるようになり、通話も可能です。

ただ、東北自動車道が不通のため、埼玉に帰る見通しがつきません。
山形に出て、関越から戻ろうかとおもいますが、山形の情報がわかりません。
何か情報を知っている方がおりましたら、教えていただけると助かります。


とりあえずご報告まで。



あきぴ

| 未分類 | 16:20 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お知らせ。

ボコペコ家より重要なお知らせです。




なんと





宮城県民





から





埼玉県民




になります!!









ミニ助の内辞が出ましたので、転勤決定となりました。
もう仙台に戻ってくることはないかもしれません


仙台はとっても良いところで、ボコペコの環境も最高でしたので
離れるのはとっても悲しいのですが。。。。



関東は行きたいフィールドもたくさんあるので、
それはそれで楽しみだったり。。。。



引越しは3月初めの予定ですので、それまでバタバタと忙しく
ブログ更新も更に滞るかもしれませんが。。。

家を探しに東京へ行っている間、ボコペコはKENマヤ家に預かってもらってました。
その様子はコチラから




今後もボコペコをどうぞよろしくお願いいたします。




e0115520_2116359[1]のコピー





※コメント欄復活しましたので、ボコペコに一言頂けるとウレシイです♪




応援ありがとうございます m(_ _"m)

| 未分類 | 14:22 | comments:44 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。